Writing Letters & Email: Personal & Business Communication

You are here

Course Information
Discipline(s): 
Japanese
Terms offered: 
Fall, Spring
Credits: 
2
Language of instruction: 
Japanese
Description: 

日本語の手紙やEメールの書き方には、英語と異なる形式やルールがあります。また、日本語では自分と相手との関係によって、言葉や敬語のレベルを使い分ける必要があります。

このクラスでは、日本語の手紙やEメールで使われる独特な表現やスタイルを学び、相手や目的に応じた手紙の書き方を練習します。授業では、日本語の手紙の基本的な形式や表現を学んだうえで、挨拶・お礼・招待・依頼・断り・謝罪・申し込みなど、目的に応じた文章を実際に書いてみます。

授業は基本的に日本語で行いますが、必要に応じて英語の説明を付け加えます。
 

Learning outcomes: 
  1. 様々な日本語の文体を知り、書くことに慣れる。
  2. 相手や目的に応じて表現や文体を使い分け、適切な形で手紙やEメールを書く。
  3. 日本語で手紙やEメールのやりとりをする機会を得る。
  4. 手紙やEメールなどでよく使われる表現や言葉に関する知識を増やす。
  5. 書くことによって、日本語で楽しくコミュニケーションできるようになる。
     
Required work and form of assessment: 

授業の参加度、課題の提出状況と内容をもとに評価を行います。学期の最後には、大きな課題を提出してもらいます。課題の内容については、授業内で提示します。

content: 

教材は毎回、講師が用意します。授業では、手紙やEメール、応募書類などを書くときの形式や表現を勉強し、宿題としてそれらの課題を完成させて提出してもらいます。

Week 1 :日本語の文体(ていねい体・普通体)、手紙の特徴
Week 2 :手紙の形式と表現(縦書き・横書き・封筒・はがき、初めと終わりの言葉)
Week 3 :季節のあいさつ・お祝い・お礼の手紙を書く
Week 4 :依頼・断りの手紙を書く
Week 5 :学校や会社に申し込みや注文をする
Week 6 :Eメールを書く
Week 7 :入学・就職・転居などのお知らせを書く
Week 8 :招待状・案内状を書く、返事を書く
Week 9 :お詫びの手紙を書く
Week 10:送り状を書く
Week 11:履歴書を書く
Week 12:近況報告の手紙を書く

☆予定は変わる可能性があります。

Required readings: 

『日本語の手紙の書き方 Writing Letters in Japanese』The Japan Times
『日本語を書くトレーニング』ひつじ書房
『外国人のためのケーターメール@にっぽん』アスク出版